セクキャバとはセクシーキャバクラの略で、別名はいろいろあり、セクパブ(セクシーパブ)、おっパブ(おっぱいパブ)、お触りパブ、いちゃキャバとも呼ばれています。
キャバクラとなっていることから風俗というよりはキャバクラ・パブと同じ飲食店になるが、キャバクラ・パブはお触り(ボディタッチ)がNGに対して、セクキャバはお触りがOKのお店になります。基本はキャバクラと同じなので、男性客はソファーに座り女性が1人付きお酒やトークを楽しむお店です。

料金は時間制で、だいたい40分8,000円くらいが相場になります。女性を指名する場合はプラス指名料がかかります。

セクキャバの特徴

セクキャバの特徴は、男性客は女性に対してお触りすることができるが、女性からの男性に対して性的サービスを行うことはできません。また、セクキャバ嬢は服を脱ぎますが、男性客は服を脱ぐことはできません。イメージとしてはキャバクラとピンサロの中間くらいの位置づけになります。または、おっぱいが触れるキャバクラという感じです。

お店によってサービス内容は異なりますが、通常時はソファー隣同士で座りお酒を飲みながらトークを楽しみます。そしてサービスタイムが始まると、音楽が鳴り店内が暗くなって女性が男性と対面で膝の上にのり、上半身を脱いでくれるのでキスやおっぱいを触るというのが基本的な遊び方です。上半身のタッチはOKで下半身のタッチはNGというお店がほとんどです。

セクキャバのデメリット

セクキャバはあくまでお触りまでしか許されていないので、抜き行為を行うことはできません。性的なサービスを希望するならセクキャバではなく、ピンサロか『抜きキャバ』に行くことになります。しかし、抜きキャバは都内にはあまりないので安くて気軽な抜きサービスを希望するならピンサロかオナクラに行くことになります。

セクキャバはあくまでも、キャバクラの延長線上で女の子が上半身を脱いでくれてお触りができるというだけのお店になります。

セクキャバとは