デリヘル・風俗

日本の風俗事情

日本の風俗は時代と共に成長を続けています。

近年は、ファッションヘルスやソープランドなどの店舗型風俗が減っている一方で、無店舗型の風俗のデリヘル(デリバリーヘルス)やホテヘル(ホテルヘルス)は年々増えてきています。その原因としては、風営法の改正や呼びこみ(キャッチ)規制、市区町村の条例などがあります。
また、風俗嬢にも変化があり20代の若い女性だけではなく、30代・40代の人妻や熟女が風俗やデリヘルで働く女性が増えてきています。

日本にはどんな風俗があるのか

最近の男子は草食系とも言われ、あまり風俗に興味を示さなくなったと言われているので、風俗についてあまり詳しくないという人のために代表的な風俗の種類や特徴について少し解説します。

ソープランド

ソープランドとは江戸時代からある風俗の一つで別名を「特殊浴場」といい、お風呂屋さんという位置づけになっています。ソープと聞くとサービスの質が高いかわりに値段も高いとイメージされていますが、ソープランドの中にも大衆店と高級店があり値段とサービスに違いがあり、気軽にいけるお店もあります。

ソープランドはどこにでもあるわけではなく、特定の地域でのみ営業が許されているので全国各地にソープ街というものが存在しています。代表的な地区としては関東では「吉原」「池袋」「歌舞伎町」「堀之内(川崎)」などがあり、全国で見てみると「すすきの」「金津園」「雄琴」「福原」などがあります。風俗で最高のサービスを求めるのであれば、やはり一度はソープランドに行ってみて下さい。

デリヘル・ホテヘル

デリヘル・ホテヘル

デリヘルとは、近年増えてきている風俗の一つで店舗を持っていないため、男性客から連絡があった場合に女性がホテルまたは自宅に出張してサービスを行います。ホテヘルとは、受付を行う場所のみの店舗があり、男性客が来店して受付を済ませてから指定したホテルに行き、サービスを受けます。

最近のデリヘルは、競争が激化したことからお店によって特色を出すようになりました。待ち合わせをしてデート気分が味わえるお店、様々なオプションなどを提供するお店、人妻や熟女を専門に揃えているお店など日々新たな人気風俗店が出て成長を続けています。

人気の風俗とは

長年の不景気やデフレの影響で、風俗店も昔のようにはいかなくなり独自の売りにするサービスや集客・宣伝方法を多様化させないと生き残れない時代になっています。そのような背景から風俗店もいろいろなアイデアや男性が喜ぶサービスを日々追求しています。

人妻・熟女をアピールした風俗

人妻・熟女の風俗

風俗・デリヘル業界で売上を伸ばしていると言われるのが、人妻デリヘルなどの人妻風俗があります。
人妻風俗の特徴としては、在籍している風俗嬢が人妻であったり40代以上の熟女だったりします。
世の中には人妻と遊びたい・癒されたいと思っている人や若い娘より熟女が好きという男性がとても多く人妻 風俗にはとても需要があるのだそうです。これも一種の普通ではできないことが味わえるということが人気になっている秘密だと思われます。

恋人気分が楽しめる風俗

風俗をあまり行かないと言われる理由のひとつがサービスが機械的すぎてあまり楽しめないという意見があります。そんな意見にお店側も最近、耳を傾け女性が単にサービスだけを行うのではなく、男性客に恋人気分やデート気分を楽しんでもらおうと「待ち合わせ型」「デートコース」など積極的にその手のサービスを提供している風俗が増えてきています。